無人契約機の使用方法は?


消費者金融や銀行カードローンの大手では、無人契約機の設置を進めています。そこで無人契約機での契約手順を紹介します。なお各社とも手順に大差はありません。

まず無人契約機のボックスに入り、着席してタッチパネルで個人情報を記入していきます。そして運転免許証や健康保険証などをタッチパネルに設置し、スキャンさせます。なお50万円を超える融資を希望される場合は、収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書など)の提出も必要です。すると申込み書類が出てくるので直接記入し、同様にスキャンさせます。

ここからが審査になります。最短30分ということですが、土日祝日などは多少時間がかかるかもしれません。またこの間ボックス内から出ることはないので、雑誌などを持ち込んで時間を潰しましょう。

しばらく待っていると、備え付けの電話で審査結果が知らされます。融資可決なら限度額などの説明などを経て、ローンカードが発行されます。なおここまでの所要時間は1時間ほどです。時間を短縮するなら、申込みから審査結果を受けるまではスマホなどネットから行えば、後は無人契約機でローンカードを受け取るだけで済み、待ち時間が短縮できます。

無人契約機での申し込みのメリットとは?

現在無人契約機を設置している金融機関は、大手消費者金融全社と、銀行カードローンでは新生銀行レイク、三菱東京UFJ銀行バンクイック、三井住友銀行カードローンなどです。

無人契約機で契約するメリットは、銀行振込が不可能な時間帯でも即日キャッシングが可能となることです。大手の金融機関なら平日14時までなら即日振り込み融資が可能ですが、それ以降や土日祝日では銀行振込ができないため振り込み融資はできません。しかし無人契約機でローンカードを発行しさえすれば、ATMから当日中にキャッシングできるのです。

もう一つ自動契約機で契約するメリットは、ローンカードや契約書類がその場で受け取れるので、それらが自宅に郵送されることがないことです。つまり自宅に金融機関から郵送物が届かないので、同居の家族にバレにくいというメリットがあるのです。

無人契約コーナーは、大手消費者金融ではメインの店舗です。また銀行カードローンでもほとんどの店舗のATMコーナーに併設されており、ご近所にどこらしらの金融機関の自動契約機があることでしょう。

無人契約機ってどんなもの?

無人契約機は文字通り、誰とも合わず、顔を見られずキャッシングを申し込める機械です。店舗に人を置き続ける必要が無いので、比較的遅い時間までキャッシングが申し込みが可能というだけでなく、少なからずいるキャッシング時に人と接したくない、という人にも向いています。

また、契約ができればその場でカードが発行されるので、自宅にカードが送られて、キャッシングが家族にバレるかも、と言う心配も不要です。

ただし、キャッシング会社によって、完全に無人で人と一切話さずに契約できる会社もあれば、オペレーターと通話しながら契約を進める必要がある会社もあります。
無人契約機の無人は、あくまで店舗が無人、という意味です。

契約については、画面の指示通りタッチパネルを操作していけば問題はありません。ですが、何か疑問に思ったり、不安があった場合は、契約に通話が不要な無人契約機であっても、望むならオペレーターと通信を取る機能もあるので、詳しく説明を受けることが出来ます。